ぱぱらく

サラリーマン・二児の父であるぱぱらくが、「奥さんを楽にすれば旦那が楽になる」をテーマに、節約料理・男性目線の育児・家づくりについて発信します!

奥さんに「ありがとう」と感謝を伝える必要性と実践ポイントまとめ

f:id:shiitake1986:20180501150404j:plain

ぱぱらくです!

 

 あなたは奥さんに「ありがとう」と言ってますか?

言ってるよー!という方は、1日何回ぐらい言っていますか?

 

この記事では

奥さんに「ありがとう」と感謝を伝える必要性と、実践する際のポイントをまとめています。

 

最近言ってないかもしれない

今さら恥ずかしい

もうちょっと奥さんと仲良くなりたい

 

そういう方の参考になればと思います。

 

 「ありがとう」の言葉がなぜ必要か

①子供が生まれた奥さんは「ありがとう」と言われる回数が激減している

これねー、まじで旦那サイドは頭に入れといたほうが良いんだけど
子供が生まれた奥さんは感謝される事が激減する。

 

仕事とかパートやめる→同僚やお客さんから言われなくなる

趣味の時間、友達との時間減る→会ってないから、言われなくなる

 

まず「会わない」から、感謝される事もありません。

 

そんで、じゃー誰に一番会ってるのかっていうと、赤ちゃんと旦那

 

赤ちゃんなんぞ最初はどれだけあやしても、どれだけ抱っこしても、2時間おきにおっぱいあげても夜中に立ってゆらゆらして寝かしつけても沐浴してもいつまでも慣れねー身の回りの世話をぜーーーーーーんぶやっても!!

 

 

f:id:shiitake1986:20180502003336p:plain

赤ちゃん「・・・」

 

まじでこれだから

 

なんなら人生で一番頑張ってんのに、本人から何のリアクションもなし。

んでそんなに可愛くねーし

 

奥さんは生まれた時からかわいーーって言ってたけど僕からしたらもう奥さんのHPを少しずつ削っていく「リトルデビル」に見えたけど。

「おはらいカード」使ってやろーか!

f:id:shiitake1986:20180502003944p:plain

  

つまりね、子供が生まれた奥さんはもう「ありがとう」を全然言われなくなっている!

これね、精神やばくなってくると

感謝されない

→必要とされてない

→私って・・・何のために生きてるの??

となってきます。

 

「どなたかーーー!「ありがとう」を渇望する奥さんに対して、一番近くで、一番お世話になっていて感謝を全力で毎日伝える事ができる方ー!おられますかーーーーー!!」

 

そう!!旦那!!あなたです!あなたしかいないんです!!

 

②「ありがとう」と言われるだけで良いという方が実際にいる

いやそんな言葉一つぐらいで・・・と思うでしょ!

いるんだなこれが。

www.zubora-hana.com

私は夫婦円満の秘訣は「ありがとう」を忘れないことだと思います。お互いにね!

主婦って「ありがとう」のひとことや気持ちで救われるんです。感謝の気持ちがあれば相手への言い方や行動も変わると思います。

家事をしてもらったら「ありがとう」と言うとか、ありがとうが恥ずかしくて言えないなら仕事帰りにコンビニ寄って奥様のためにコンビニスイーツ買ってきて「後で一緒に食べよう」て渡したり、奥様が先に寝ている家庭だったら「冷蔵庫に入れてるから食べてね」って言ったり…そんなことでもありがとうの気持ちは伝わる。

私は嫌々家事されるくらいなら、ハーゲンダッツ買ってきてくれた方が数倍嬉しい!

hanaさんの記事。

「ありがとう」を忘れない事が夫婦円満の秘訣だとおっしゃっております!

んでこのハーゲンダッツのくだり!!これは自分がされても嬉しい!ぜひ覚えておきたいですね!!

 

あとは「救われる」という言葉ね。

 

意味わかりますか、旦那様がた。

 

「救われる」という事は、育児に励む奥さんは皆「助けを求めている」という事ですよ。

 

奥さんに「ありがとう」と伝える時のポイント

わかった!反省します!でもどうすりゃいいの?という方のために、「感謝の伝え方」を紹介します。

①言葉で伝える

シンプルかつ大胆。王道中の王道。結局のところ弾数無制限のノーマル武器が一番扱いやすいといったところか。無意識で言えるようになるまで使いこなそう。

 

②モノで伝える

ポイントは、記念日とか関係ないよ!という事。記念日にプレゼントとか感謝を伝えるとかそんなん当たり前で、奥さんは「今」助けを求めているということです。

 

なので上でhanaさんが書いている

「仕事帰りにコンビニスイーツやハーゲンダッツを買ってあげる」

これはとても良い方法ですね。ぜひ取り入れていただければと思います。僕も結構やります。

 

最近だと妊娠中の定期検診の時にごほうびとして買ってあげたり、子供が風邪ひいて病院連れてってくれた時とかは買って帰るようにしてますね。

基本的にはサプライズが良いと思いますよ!!

 

③手紙で伝える

これはまぁ上級編ですね。僕も普段やってるわけじゃないです。

言葉で伝える→毎日

モノで伝える→週1

手紙で伝える→記念日とか

 

そのかわり、効果はバツグンですよ!普段いつも頑張ってくれて、めっちゃ感謝してるよ!大好き!的な事を超恥ずかしがりながら頑張って書いてください。普段そういう事をしない旦那さんだとハードルが高いかもですが、「逆に、やる」みたいな感じでやってみて下さい。奥さんもすごく喜んでくれると思います。

 

自然と「ありがとう」が言える考え方

ここでは「つってもめんどくせーわ」ってなる方のために、自然と言える考え方を紹介します。自然と言えればなーんも意識してなくても勝手に口から出て、勝手に奥さんと仲良くなれるので超オススメです。

①奥さんなんて「他人」

はい。奥さんは他人ですね。血もつながってません。ただの紙切れ1枚の契約書だけです。離婚したらまじでただの他人。元カノみたいなもん。

 

何が言いたいかというと、

自分の事は自分でやるのが当たり前。それを他人がやってくれたら感謝するでしょ

ということです。

 

具体的には、

料理→自分で食べるものは自分で作れ

掃除→自分が住んでんだから自分がやれ

洗濯→自分が着たんだから自分で洗え

育児→自分の子供なんだから自分でやれ

 

って事ですよ!一人暮らしの延長と思って下さい。

 

そんな状態で、一緒に暮らしてる他人がごはん作ってくれたり掃除してくれたり洗濯してくれたり子供の世話してくれたらどう思いますか?

 

「えぇっ!!いいんすか!?ありがとうございますありがとうございます!!」

ってなるでしょ。

 

この感覚が大事。

 

お店入る時に前の人がドア開けて待ってくれてたら「あ、ありがとうございます」って言うでしょ。あれと同じです。

 

②「仕事」ととらえる

どうしても難しい人は、もう「仕事」として割り切るのも良いんじゃないかと思います。週1回ハーゲンダッツ、月1回手紙とか。できる範囲で自分でペースと行動内容を決めてしまう。そして1日の終わりに何回「ありがとう」といったかを数え、設定した目標回数になっているかを確認する。

 

めんどくさいですか?

 

奥さんの笑顔がGETできて、いつまでも夫婦仲良くいられる事に比べたら楽勝でしょう。

 

参考事例(僕と奥さんの場合)

思いつきですが、朝起きてから夜寝るまで、僕がどのタイミングで「ありがとう」と言ってるか思い返してみます。

 

・先にトイレ行ってた奥さんがでてきて「どうぞ」と言われた時

・横を通る時に身体を避けてくれた時

・パン焼いてくれた時

・ココア入れてくれた時

・自分の食べたお皿も流しに持って行ってくれたとき

・玄関のドアを開けておいてくれた時

・鍵をかけてくれた時

・洗濯をまわしてくれた時

・洗濯ものを干してくれた時

・洗濯ものを取り込んでくれた時

・洗濯ものをたたんでくれた時

・買い物行った時に少しお金出してくれた時

・イオンの駐車場で車をどこに停めたか覚えてくれていた時

・駐車券を出してくれた時

・ごはんを作ってくれた時

・おはしを持って着てくれたとき

・お茶のおかわりを入れてくれた時

・子供の絵本を読んでくれた時

・子供のおもちゃを片付けてくれた時

・掃除機をかけてくれた時

・洗面所を掃除してくれた時

・洗い物をしてくれた時

 

なんか・・・少ない気がする

 

あーあとね、これあまり奥さんに言えないですけど

「(なんかよくわからんけど)いつもありがとう☆」って唐突にいうのもオススメですよ。

「どしたん急に」って言われるかもしれないですけど

「いや、まぁなんとなく」とか言っときゃいいんです

 

何もなくても、ありがとうって言うんです

一緒にいてくれてんだから

 

「ありがとう」って言ってますか?感謝を伝える必要性と実践する時のポイントまとめ(夫婦仲良し)のまとめ

この記事では、仲良し夫婦でいるためには「ありがとう」と言う事が大事であり、その必要性と実践する時のポイントについてまとめました。

 

言ってない方は損してますよーーー。

夫婦間の「ありがとう」が増えることで、

 

奥さんの料理がさらに美味しくなったり

旦那がいつもより優しくなったり

夫婦の笑顔が増えたり

 

毎日のちょっと良い事が確実に増えます。

 

ぜひ実践してみてね!

 

じゃあこれで!

おしまい

 

関連記事↓

www.zubora-hana.com

www.paparaku.com

www.paparaku.com

www.paparaku.com