ぱぱらく

サラリーマン・二児の父であるぱぱらくが、「奥さんを楽にすれば旦那が楽になる」をテーマに、節約料理・男性目線の育児・家づくりについて発信します!

注文住宅を建築家と建てたかった我が家が工務店を決めた6つの理由

f:id:shiitake1986:20180607033526j:plain

 

ぱぱらくです!

 

注文住宅を建築家と建てたいな〜という思いがあったのですが、

 

どこにどう頼めば良いのかよくわかりませんでした。

 

マンションにはたくさんチラシが入っていますが、

 

それは建売や、新築や、注文住宅可能の建築条件なし土地!みたいな文句ばかりで

 

「建築家」という文字がどこにもなかったんですね。

 

そんなか、偶然展示会を見る機会がありまして

 

建築家を自社に抱える工務店

がある事を知りました。

 

結果的にそこでお願いする事になったのですが、

 

なぜその会社に決めたのか?という6つの理由について

我が家のいきさつと共に紹介していきます。

 

どこで家を建てるのか?で悩む方の参考になれば嬉しいです。

 

家づくり カテゴリーの記事一覧 - ぱぱらく

 

www.paparaku.com

 

「 建築家と建てる」をコンセプトにした工務店だった

 

注文住宅を建てる際には

 

ハウスメーカー

工務店

設計事務所

 

の3つが選択肢にでてきます。

 

明確な違いが定義されているわけではないようですが、

 

建築家にお願いするなら、工務店か設計事務所になると思います。

 

 

僕が決めた会社は自社で施工をするので、「工務店」という形ですが

 

何人かの建築家と提携しており、社内にも建築家を抱える

「建築家と建てる」をコンセプトにした工務店でした。

 

たまたま展示会に行って、こんなのがあるんだ〜と思いましたね。

 

施工事例を見てもやはりおしゃれでデザイン性が高い。

 

工務店にも色々あって、設計事務所からの依頼で作る所もあるそうですが

 

僕としては

「施工はしない設計事務所=設計するだけ」

「設計はしない工務店=建てるだけ」

 

のイメージがあって、僕はメーカーで働いてますけど

「設計と現場は近くないといけない」と思っているので

 

「建築家を社内に抱える工務店」というのはとても心惹かれましたね。

 

リノベーションもやっていた

 

これも他の注文住宅メーカーにはなかった特徴です。

 

僕ら夫婦は特に「新築」にはこだわりがなくて

 

中古の一軒家を買ってリノベーションというのも面白そうだと思っていました。

 

カナヘイさんも、愛媛の古民家を購入しています。面白いです↓

 

でも僕が注文住宅を建てたくてメーカーに相談に行っても

 

そこは基本的に新築の考え方で、

 

注文住宅と中古のリノベーション、両方を選択できる工務店ってほとんどなかったんです。 

 

僕が決めた会社は中古リノベーション、新築、変形敷地、マンションリフォームなどの施工事例がいくつもあって、

 

「経験がありそうだな」

「色んな選択肢から選べそうだな」

と感じました。 

 

これも会社を決めた理由の1つでしたね。

 

 

家から近かった

 

これすげー大事。

 

建築家と設計をするなら、打ち合わせ命だと思っています。

 

住んでいる所と打ち合わせ場所、実際の土地の場所は

遠くても30分以内が良いと思います。

 

毎週打ち合わせしてもそんなに苦ではないし、

急ぎのちょっとした事でも(印鑑とか)なんなら会社帰りに行く事だってできます。

 

設計事務所と工務店が分かれていないので打ち合わせ場所は1箇所ですみますしね。

 

とにかく、満足度の高い家を建てるためにはコミュニケーションのとりやすさがすごく大事だと思うので

 

家から車で10分だった、というのは大きな理由です。

 

地域密着型だった

 

僕が決めた会社は地域密着をウリにしていて、

 

100箇所以上ある施工事例はほとんどが同じ市内。

 

社長や社員、建築家や大工まで同じ市内出身の人がいて、かなりアットホームというか、地域密着だなという印象。

 

別にアットホームさはどうでも良いんですが、

 

地域密着、というのはメリットだなと感じました。

 

地域の風土・気候・地理に詳しい

地元愛があってちゃんとやってくれそう

アフターサービスへの安心感

 

やはり地元の人はその土地の気候や特徴をよくつかんでいる。

 

土地を探す時も、学校の校区、都市計画などまで把握していて

すごく安心感がありました。

 

社長もすぐ近くに住んでいたり、担当者の方も近くのおばあちゃんの家をリノベーションして住んでおられたりして、信用できそうだなと感じました。

 

施工からアフターケアまで自社でやっていた

 

施工を自社で行い、アフターケアも当然その会社がやります。

 

つまり土地探し、建築家との設計から施工、アフターケアまで全部同じ所でやっていただけるんですね。

 

これもすごくメリットに感じました。

 

窓口が1つで良いわけですよね。

 

しかも近いからすぐ対応してくれそうだし。

 

大工の育成に力を入れていた

 

やっぱり大事なのは現場で、いくら設計が良くても実際のものづくりがダメだと全く意味がないと思うのです。

 

特に建築家との家づくりには、その設計を形にできる腕の良い大工が必須だそうです。

 

僕が決めた会社は腕の良い大工が少なくなっている事を懸念していて、

自社内での教育や技術指導会なども企画されていました。

 

そういう現場を大事にしているんだなと感じたのも、ここにしようかなと決めた1つの理由ですね。

 

注文住宅を建築家と建てたかった我が家が工務店を決めた6つの理由まとめ

 

まとめますと

・建築家と建てる工務店だった

・リノベーションの選択肢があった

・家から近かった

・地域密着型だった

・設計〜アフターケアまで自社でやっていた

・大工を大事にしていた

 

これが我が家が会社を決めた6つの理由です。

 

 

ただ、ここまで色々書いといてなんですが、結果的に担当者とか最初に話した人の印象とかで決めちゃう方も多いと思います。

 

でも担当者の印象だけで決めてしまうのももったいないので、

 

コンセプトや、その会社が大事にしている事、家が近いか等

自分の中でチェック項目を持った上で見学会などに参加される事をおすすめします。

 

 

工務店やハウスメーカー、設計事務所など、

家をどの会社で建てるか悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

家づくり カテゴリーの記事一覧 - ぱぱらく

 

じゃあこれで!

おしまい