ぱぱらく

サラリーマン・二児の父であるぱぱらくが、「奥さんを楽にすれば旦那が楽になる」をテーマに、節約料理・男性目線の育児・家づくりについて発信します!

3歳息子を連れて富山の「デザインあ展」に泊まりで行ってきた!関西からの交通や宿泊、見所まとめ(後編)

f:id:shiitake1986:20180401133251j:plain

ぱぱらくです。

 

このだるまみたいなやつは僕じゃないですよ、ひゃくまんさんです。

hyakumansan.jp

 

この記事は僕が「デザインあ展」に行きたすぎて富山&金沢旅行をした記事の後編です。

交通や「デザインあ展」、環水公園などの富山観光については前編をどうぞ!

shiitake1986.hatenablog.com

 

 

後編は富山観光が終わった1日目の宿泊からです。

 

 

 

1.湯快リゾート宇奈月グランドホテル」

yukai-r.jp

泊まった場所はここ。

 

富山から新幹線に乗って一駅。

(新幹線は乗り放題だよ!詳しくは前編の記事で)

f:id:shiitake1986:20180404214927j:plain

f:id:shiitake1986:20180404214902j:plain

駅からホテルまでは、連絡しておけば車で送迎してくれる。

黒部宇奈月温泉から車で20分ほど。

 

聞くと、大雪が降った際は1時間近くかかるそう。

 

富山だけじゃなく、北陸旅行する際は真冬は避けた方が良いと感じた。

 

f:id:shiitake1986:20180404213033j:plain

↑2017年に湯快リゾートのホテルとしてリニューアルした。

色々なところがリフォームされていて、とてもきれい。

 

18時ぐらいに着いて、18時半からご飯食べた。

驚いたのが、料理。 

f:id:shiitake1986:20180404213242j:plain

 

富山名産の料理ばかり!!

左はブラックカレー。

 

僕と奥さんは移動と宿泊にお金をかけない旅行が好きで、

ピーチ航空とか湯快リゾートとかよく利用してたんだけど

 

湯快リゾートの夜バイキングって、あんま大した事なかった。

ポテトとかからあげとか、どこでも食べられるもの+名産ちょっと、みたいな。

 

だから全然期待してなかったんだけど、めっちゃよかった!!

旅行行ったらその土地のものをちょっとずついろんな種類が食べたくて、居酒屋行ったりするじゃないですか。

 

ここで全部食べる事ができた!!しかも食べ放題!

 

なんか湯快リゾートは生まれ変わりますみたいな事があったらしいんだけど、

まじで生まれ変わってた。

yukai-r.jp

ホタルイカ食べ放題とかバイ貝の旨煮とか居酒屋で食べたら普通に一皿7〜800円しそうな料理が普通にいっぱい置いてて、まじでテンション上がった。

 

あとゲームコーナー、卓球とかカラオケは前からあったんだけど

すごいのがこれ。

f:id:shiitake1986:20180404214243j:plainf:id:shiitake1986:20180404214207j:plain

おいおい!すげーじゃねぇか!!

 

子連れにはまじで嬉しいと思う。

子連れでの旅行ってスケジュールに余裕持たせてるし、ホテル内でちょっと時間持て余したりする。

寝るまで時間あるなーとか、子供寝る気配ないとか、

朝早く起きたとか、チェックアウトまで時間ちょっとあるとか。

 

そういう時にすごく便利。


もーーーここはもっかい行きたいです。

部屋はさすがに年季入ってるけど、風呂とかちゃんとキレイだし

気になるところ全然なかった。

 

朝ごはんも豪華バイキングでしたよ!!

 

翌朝は10:30にホテルを出て、黒部宇奈月温泉駅へ。

 

北陸新幹線の開通に合わせて、駅も土産屋だけじゃなく色々できてて、
結構楽しかった。

f:id:shiitake1986:20180404215349j:plain

↑駅の中に、立山黒部ジオパークなるものがあった。

 

f:id:shiitake1986:20180404215406j:plain

↑うむ。素晴らしい。窓の外に立山が広がっている。

 

f:id:shiitake1986:20180404215425j:plain

えーっと・・・(困惑)

 

2.金沢・兼六園

黒部宇奈月温泉駅から富山までは10分ほど。

富山から金沢へは30分ほど。

 

関係ないですが僕は石川県に2年ほど住んでいましたので、

兼六園も3度目ぐらいでテンションは上がってませんがとりあえず写真を。

 f:id:shiitake1986:20180404220735j:plain

金沢駅。おしゃれになっちまいやがって・・・

 

f:id:shiitake1986:20180404220044j:plain

金沢は観光名所が広範囲に散らばっているため、歩いて回るのはやめておいた方が良いです。バスが走りまくっているので利用するべし。写真のように、行きたい所に対応したのりばが表示されている+「今何番乗り場にきたのはどこ行きのバスだよ!◯◯に行きたい人は乗ってね!◯◯に行きたい人は次のバスね!」みたいなかんじで放送しまくっているので、そこまで難しくはない。

 

f:id:shiitake1986:20180404220111j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220820j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220857j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220749j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220032j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220020j:plain

f:id:shiitake1986:20180404220917j:plain

良き。まさに兼六園。春は無料解放されています。

3月末では桜は3分咲きぐらいでしたね。

明るい場所では画面の確認がしづらく、指が写ってしまっています。

文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

 

そして東茶屋街

f:id:shiitake1986:20180404220845j:plain

www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp

 

そしてこちらが僕お目当の八百萬本舗

f:id:shiitake1986:20180404220008j:plain

yaoyoroz-honpo.jp

ここにはゆるきゃら「ひゃくまんさん」の家があります。

f:id:shiitake1986:20180404222659j:plain

この写真が撮りたかったんや・・・(満面の笑みです)

 

f:id:shiitake1986:20180404223014j:plain

↑戦利品。めっちゃ良い・・・。トートバッグ1200円ぐらい。

え?もちろん僕が使いますよ。私服で。

 

しれっと買ったけど奥さんはなんか冷たかった。なんでや!ひゃくまんさんかわいいやろ!

 

f:id:shiitake1986:20180404220058j:plain

金沢駅に戻ってきました。時刻が噴水で表示されている。

 

京都駅に着いたのは19:30ごろでしたね。

 

3.かかった費用

ざっくりですが、

交通費:33000円

(北陸きっぷ15000円✖️二人で30000円+子供3000円)

宿泊費:20000円

湯快リゾート9000円✖️二人)

ごはん代:20000円

(お昼ご飯✖️2回+金沢観光での屋台とかジュースとかもろもろ)

おみやげ代:10000円

デザインあ展のグッズ、実家へのお土産とか)

 

合計:80000円ちょっとぐらい

 

予定していた金額内ですね。子ども手当に合わせてみなさんもいかがですか?

 

4.まとめ

いやーーーーーー良かったわ。

富山→キレイ、おしゃれ、路面電車すごい、環水公園すごい、立山すごい

 

デザインあ展→どこで開催されようが一生全部行く。

 

湯快リゾート宇奈月グランドホテル)→美味しい、キレイ、安い、子供連れに最適

 

金沢→安定の素晴らしさ。

 

僕らのように二人目が生まれる前に旅行に行きたい!とか

彼女や奥さんと二人でってのもいいだろうし

孫と含めた家族みんなで!ってのもいいし

 

とにかく北陸旅行は最高ですね。

みなさんもぜひ、「デザインあ展 in TOYAMA」行ってみてくださいね!!

 

前編はこちら↓

shiitake1986.hatenablog.com

 

 

じゃあこれで!

おしまい