イベント

【口コミ】新築への引越し費用、一括見積もりで5社を比較した結果

ぱぱらくです!

引っ越しの時期が迫ってきた為、

「引っ越し業者をどこにするか?」を決める必要が出てきました。

ところで、僕は社会人になってから7回引っ越し、わかった事があります。

それは、

引っ越しには相見積もりが絶対に必要である

という事です。

なぜなら、ズバリ引っ越し料金が安くなるから。

↑これは我が家の情報を入力して出てきた相場です。

最安値が82,000円になってますね。

一括見積もりサイトで相見積もりをした結果、54,000円で引っ越す事が出来ました。

家族4人、3LDKで2tロングトラック、エアコン工事込みです。

正直、こんなに安くなるのかとビックリしました。

 

本記事では僕が実際に新築への引っ越し業者を決める際に利用した

  • おすすめの一括見積りサイト
  • 実際に5社を比較した結果

について紹介します。

引っ越しを考えている方に少しでも役立てばうれしいです。

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

なぜ引っ越しは相見積もりが必要なのか

別に大手1社で見積もりをすれば良いのでは?という方もおられるかもしれませんが、全くそんな事はありません。

相見積もりをするメリットについて紹介します。

引っ越し料金が安くなる

引っ越し料金はですね、正直営業の方によって数万円単位で変わってきます。

この距離でこの荷物だから〇〇円というのはベースとしてあるんですが、

そこからいくら安くするか→最終的にいくらになるのかは、会社によって決まっているわけではありません。

その時の営業担当者とのやり取りで決まってくるんですね。

見積もりが出てきて、「少し高いな・・」と思っても、営業の方は色々言ってきます。

  • 月末はトラックが出払ってますからね~
  • 明日になると、引っ越し日に作業員が手配できない可能性が~
  • この後も遅くまで訪問見積もりで埋まってるんですよ~
  • うちはバイトばかりでなく、正社員で対応してますからね~

この時に、1社見積もりだと

「うん・・・まぁここしか知らないし、しょうがないか」

といって決めてしまうかもしれません。

いやいや、ちょっと待ってちょっと待って。

後で出てきますけど、相見積もりしたら会社によって4万円も違ったんですよ。同じ内容の引っ越しなのに。どちらも大手なのに。

相見積もりをすれば、

「高くないですか?さっき来てもらった会社はもっと安かったですよ」

と、堂々と言う事が出来ます。

相見積もりをする事で、足元を見られて高い値段をふっかけられる事がなくなる!

これが一番のメリットです。

見積もり時間が早くなる

新築への引っ越しは荷物が多い為、基本的には訪問見積もりに来てもらう事になります。

これがなかなか大変。

どこも営業で来てますから、

「〇〇円にします!」

「う~ん」

「ちょっと待ってて下さい!上司に電話します!」

「・・・即決なら〇〇円でいけます!」

みたいな粘りタイムがあるんですよ。交渉タイムというか。

これがまぁ正直めんどくさい。時間もすごくかかります。

最初から相見積もりをする&その事を伝えておけば、

「この後も他社さん来られますよね?ウチは〇〇円が限界なので、決まりましたら連絡お願いします」

こんな感じで、粘りタイムの時間が短縮されます。笑

あとは、

「すいません、他社さんも呼んでまして、そろそろ来られるので・・・」

と、粘りタイムをこちらから強制終了させる事が出来ます。

費用面でも時間面でも、相見積もりは効果的なんです。

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

なぜ一括見積りサイトがおすすめなのか

相見積もりが良いのはわかったけど、いくつか思い当たる会社に電話をかければ良いのでは?と思われる方もいるかもしれません。

相見積もりには一括見積もりサイトがおすすめな理由を紹介します。

情報入力が一回で済み、手間がかからない

自分で相見積もりをする場合、住所や荷物の量、引っ越し日時を電話をかけた全ての業者に伝える必要がある為、すごく効率が悪いです。

さらに、いろいろな情報を伝え終わった後で

「その日程でこの荷物の量だと、トラックに空きがありません」

と断られてしまう可能性だってあります。

しかし、一括見積もりサイトなら1回の入力で済みますし、

対応可能な引っ越し業者のみを一覧で表示してくれる為、とても効率が良いんです。

自分の好きな業者を指定できて安心

一括見積りサイトなら、自分が入力した情報に合った引っ越し業者を教えてくれる為、自分では探しきれなかった引っ越し業者に見積もり依頼をする事が出来ます。

  • あ、この引っ越し業者聞いた事ある!
  • 引っ越しトラック見た事ある!

地元ローカルでは有名な引っ越し業者もたくさんありますからね。

自分で引っ越し業者を選ぶやり方だと、

まずどの業者を候補に入れるのか

から調べないといけませんが、

一括見積もりサイトなら、自分が気付かなかった優良引っ越し業者を候補に入れる事ができるんです。

条件に合った業者からしか連絡が来ないので効率的

上で少し書きましたが、

一括見積もりサイトで表示される引っ越し業者一覧は、対応可能な引っ越し業者のみです。

ですから、電話でさんざんこちらの情報を伝えたあげく

「荷物の量からトラックサイズが限られますが、その日程では空きがありませんので2往復になりますorワンサイズ大きなトラックになります」

で、追加料金を取られると。

これ、めちゃくちゃ時間のムダですよね。

無料で利用できる

一括見積もりサイトをおすすめする理由、ズバリ無料だからです。

実際に使ってみましたが本当に無料。

これは、引っ越し業者が一括見積もりサイトへ紹介料を払っているからです。だから利用者の私たちは利用料0円って事なんですね。

とにかく、相見積もりをするなら一括見積もりサイトを利用しない理由は全くありません

相見積もりを自分でするのはとても大変なので、利用しないと損です。

 

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

一括見積もりサイトを利用するうえで必要な3つの事

とてもシンプルです。

  • 現在の住所・これからの住所
  • 引っ越し日と連絡先
  • 荷物の内容

特に荷物の内容(エアコンや洗濯機など)は料金にかかわってくる為、できるだけ具体的に入力しましょう。

実際に一括見積もりサイトを使ってみました

一括見積もりサイトに申し込むまでの流れ

実際に利用したおすすめの一括見積りサイトで紹介しますね。

まずは引っ越し侍のサイトにアクセス↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

↑この画面になりますので、情報を入力して見積もりスタートをクリック

 

↑住所の情報です。必要事項を入力していきましょう。

 

↑引っ越し日です。同じように入力して次へ進みましょう。

 

↑荷物の数量を入力します。決まっているものだけでOK。段ボール箱の数なんかわからないですもんね。僕は家具とか大きいものしか入れませんでした。

 

↑特典が選べます。気になるものがあれば選びましょう。僕は特にどれも選んでません。

 

↑引っ越しの相場と条件に合った引っ越し業者が表示されました!

この画面になった後、引っ越し業者から訪問見積もりの連絡が来ますので、都合の良い時間帯に来てもらいましょう。

ここでひとつ経験談からのおすすめ情報を。

訪問見積もりは1日に集中させ、大手2社・ローカル1社の計3社にしましょう。

4社以上見積もりしても正直疲れるだけでした。値段も大手2社とローカル1社あれば十分最安値の引っ越しが出来ます。

色々な業者から電話がかかってきますが、決めた3社以外は断ってしまいましょう。

 

あと、訪問見積もりを数日に分けるのではなく、1日で終わらせてしまうのもポイント。

こうする事で、業者から「即決価格」を引き出す事が出来ます。

営業の方がよく使う言葉として、

「今うちに決めてくれたら、もう5,000円割引します!」

というのがあります。

今日中に決めますと伝えると、この「即決価格」を引き出す事が出来ます。

あとはやっぱり疲れるので、1日で終わらせちゃいましょう。数千円安くするために何日も大変な思いをしていては本末転倒ですから。

あとこれも口コミですが、サカイ引越センターは入れておいた方がよいと思います。僕が5社比較した中で決めたのがサカイだったので。

業者から連絡が来ました

入力した番号に電話連絡が来るので、訪問見積もりの日時を決めましょう。

上で書いた通り、大手2社とローカル1社に絞ってあとは断りましょう。

僕は1日で5社の訪問見積もりを入れてしまい、死ぬほど疲れてとても後悔しました。笑

訪問見積もりの状況

子供とお留守番中の訪問見積もりだった為、営業の方には自由に見てください~と言ってTV見せたりご飯食べさせたりしてました。笑

1件あたりの時間は1時間程度。やはり家の中に他人が入ってくるというのは気を使うもので、3件ぐらいが限界と思います。

最終的に、サカイ引越センターに決定

サカイ引越センターを選んだ理由としては、

  • 安い(まちの引っ越し屋さん8万円、アート引越センター9万円に対して5.4万円
  • お米もらえた(訪問見積もりのサービスらしい)
  • トラックの大きさも説明してくれた
  • 安心保障内容の説明もしてくれた

こんなところでしょうか。

正直ローカルだともう少し安くなりそうな業者もあったのですが、新築への入居の為、大手の安心感をとったというところです。

今住んでいるマンションによく出入りしているのも大きかった。

「作業員はバイトでなく必ず社員が指示しますし、このマンションは慣れてますよ」と言われてかなりぐらッときました。うーむ営業が上手い。。

ただし、この金額は確実に相見積もりでないと出なかったと思います。大手はどこも8万円を超えていましたから。

 

というわけで、相場が最安82,000円だった引っ越しが

一括見積もりサイトで相見積もりをした結果、54,000円で引っ越す事が出来ました。

家族4人、3LDKで2tロングトラック、エアコン工事込みです。

正直、こんなに安くなるのかとビックリしました。

 

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

一括見積もりサイトのQ&A

一括見積もりサイトって引っ越し業者?

引っ越し業者ではありません。

前述したとおり、引越し条件(日にち、住まい、荷物量など)から、あなたの引越しを対応できる引越し業者を複数抜き出してしてくれます。

荷物量はおおざっぱでOK?

ぴったりでなくて構いません。

しかし、家具などの大きいものはきちんと入力しましょう。

トラックをより大きいものに変更する必要がある場合は、引越し業者によっては、料金が高くなったり対応できなかったりします。

連絡先は絶対入れなきゃダメ?

入れたくない気持ちもわかりますが、入力しましょう。

引っ越し費用を安くするなら、相見積もりは必須です。

きちんとした相見積もりをするためには、引っ越し業者と電話でやり取りする必要があります。

電話してほしくないんだけど、メールで連絡をもらう事は可能?

可能です。問い合わせフォームからできます。

↑ここにチェックを入れて、送信しましょう。

引っ越し業者を決定後、他社に断りの連絡は必要?

特に必要ありません。

契約した引越し業者以外から連絡があった場合には、はっきり「〇〇引越し会社と契約しました。再考の余地はありません。ありがとうございました。」と断ります。

キャンペーンって申し込まなくちゃいけないの?

申し込まなくても大丈夫です。僕は申し込みませんでした。

強制ではありません。

特典やキャンペーンは、二の次、三の次です。引越し業者のサービス内容と価格の釣り合いが取れているかがもっとも大切です。

なによりあなたが納得できるかで考えてください。

結局、一括見積もりサイトってオトクなの??

確実にオトクです。

というか、半信半疑で使ってみたところ本当にオトクなのがわかってびっくりしました。笑

僕のイメージ、ローカル業者で頑張って7万円ぐらいかなと思ってたんです。大手に頼むと10万円は必ず超えるだろうと。

このサイトで相場を見ると82,000円~240,000円だったのであながち間違ってないなと思いました。

でも結局、この引っ越しが

一括見積もりサイトで相見積もりをした結果、54,000円になりました。

家族4人、3LDKで2tロングトラック、エアコン工事込みです。

正直、こんなに安くなるのかとビックリしました。

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

【口コミ】新築への引越し費用、一括見積もりで5社を比較した結果まとめ

今回は新築への引っ越し費用という事で、単身赴任などの小さい引っ越しを除けばおそらく最後の引っ越しになると思いますが、

一括見積もりサイトで相見積もりを取る事で、非常に満足のいく結果となりました。

一括見積もりを利用したことがある方なら言うまでもありませんが、引越し業者によって引越し料金は数千円~数万円異なるのはあたりまえです。

だからこそ、引越し業者選びにおいて最も大切なことは比較です。交渉が上手、下手ではありません。

僕家電量販店の値切りめちゃくちゃ苦手なので。。

時間をかけずに、損をしたくないなら、一括見積もりが優秀です。

複数の引越し業者を比べて浮いたお金は、新生活で必要な費用に充てた方が有意義であることは言うまでもありません。

はっきり言ってやらない理由がないので、引っ越しを考えてる方はぜひ利用してみてくださいね!

実際に利用したおすすめの一括見積りサイト↓引っ越し料金比較サイト:引越し侍2

 

ちなみに、5社を比較して結局選んだのはサカイ引越センターでした↓公式:サカイ引越センター

あなたへのおすすめ記事