体験談

【口コミ・体験談】義父が土地を5万円で買ってきた!?直角三角形の家

注文住宅を建てた方の口コミ・体験談は、ときにプロのアドバイスよりも参考になる場合があります。
実際に家づくりを経験された方ならではの意見を聞いてみたい方も多いのではないでしょうか?

もちろん僕もそう思って色々調べたのですが、ネット上に存在する口コミは、ハウスメーカーの息がかかっていたり、断片的な情報だったりと、「どこまで信用できるのか?」がよくわかりませんでした。

そこで当サイトでは、実際に注文住宅を建てた経験者様から、家づくりの体験談を自由形式でお寄せいただきました。

建築会社からの情報では得られない、契約前の予算や実際にかかった費用、家を建ててみての感想や失敗した間取りなど。経験者にしか語れない貴重な生の情報を、写真付きでご紹介しています。

ぜひご参考のうえ、皆さまの家づくりにお役立ていただければ幸いです。

今回は「e0801y」様の体験談です。

直角三角形の土地に建てる家

工務店・ハウスメーカー

O建築事務所

契約前の予算

2500万円 田舎なのでこれくらいでできるかなぁと思ってました。

実際にかかった費用

3100万円

年齢・家族構成

30代夫婦、子なし

建坪

延べ床20坪、2階建て

4LDKで2部屋は将来家族が増えたとき用です。

家を建てるきっかけと、一戸建てを選択した理由

  • 生活拠点が落ち着いた 
  • 夫婦ともに田舎の戸建て育ち 
  • 夫は神経質? 

夫が仕事で海外出向になり入籍、帰任後地元企業へ転職しました。生活拠点がはっきりした事で、持ち家の事を考えるようになりました。

夫婦ともに田舎の戸建てで育った為、最初からマンションに住むという選択肢はありませんでした。

また、社宅マンションに住んでいた時に隣の生活音が聞こえてくるのが嫌だったのもあり、一戸建てで家を探し始めました。

ハウスメーカー・工務店をどうやって決めたか

義父の紹介

義父は退職前、土木関係の仕事をしておりたまたま建築士の方を紹介してもらいました。生活環境や趣味が似ており、イメージがピッタリだったので即決!

建築士さん施工住宅の見学

建築士さんが設計された住宅や店舗を見学に行きました。なんとなくの完成イメージしかできませんでしたが実際にお住まいの方の意見が聞く事が出来ました。

特にキッチンや収納のことについてはたくさん聞きましたが、自分のイメージに合っており、この方に頼もうと思えました。

大手住宅メーカーモデルハウスや地元工務店の見学

もちろん大手含めた他の工務店も10件以上見学に行きました。しかし、見た目の好みが合わなかったり、予算が合わなかったりで断念。

でもたくさんの間取りを見ることができたので、時間はかかりましたが自分の家を建てる参考になった為、見学にたくさん行く事はおすすめです。

契約から施工までの期間 

約1年半

理由は後述しますが、トラブルがありまして・・・通常は半年位だそうです。

土地をどうやって決めたか

土地は義父が決定済み(!)だった

海外赴任だった夫の帰任前に義父が購入済(夫実家近く)でした・・・なにそれ。

結局、夫父から格安(5万円程度)で購入できたのと探す手間が省けたので良かったです。

土地の特徴ですが、しいて言うなら交通や生活の便がよいです。

具体的に、スーパー、学校(高校まで)、病院、電車の駅等々車で10分以内です。プラス20分でショッピングモールや新幹線の駅まで行けます。

また山が近いので水がきれいです!ホタルやメダカが見れたりします。春はタケノコや山菜も採れます。

着工までの出来事

義父と夫の意見が合わず、プラン作成に手間取る

最初のプランは田舎の見晴らしのよさを生かすために(リビングから山の景色が見渡せるように)、キッチンが2階にありました。

しかし義父からのOKが出ずボツに。

彼のおかげで格安で土地を購入したので無視するわけにもいかず、5回位間取りを修正しました・・・結果、リビングは1階へ。田舎ですし、世代的に変わった家は苦手なんでしょうね。

まぁ、私もゴミ捨てや日々の買い物の荷物を持って階段を行き来することに迷いがあったのでこれでよかったかな~と思います。

当初の計画よりも価格が上がっていた

災害やオリンピックで建築資材・人件費の高騰が原因で、建築家さんによると2割くらいは価格が上がってるとのことでした。

メガバンク、ネットバンクではローンが組めなかった

購入した土地が市街化調整区域で農家住宅(新築するときに市町村の許可が必要、第三者に売却が難しい)しか建てられませんでした。

売却困難=価値が無いと見なされ、住宅ローンはどこも貸してくれませんでした。

しかし、農業系の金融機関で貸してくれるところがあると聞いたので行ってみると即OK!

結果的に借りられたので良かったですが、ダメだったらどうなっていた事か。

コスト削減で工夫した事

延べ床面積をできるだけ小さくする

建築家さんによると、基礎工事面積が広いほど費用が掛かるそうです。最初のプランでは延べ床面積が30坪ありました。夢ばかりで現実が見えてませんでした・・・

家事動線を考え、コンパクトな設計に

家事動線が短く動きやすい!キッチンの隣が洗面脱衣所になっており、その横にランドリールーム兼パントリーがあります。10歩くらいで行き来できるのでとっても楽ちんです。

1階の壁はDIYに挑戦

建築家さんからの提案でした。珪藻土を予定していますが左官初体験なので楽しみです。

間取りでこだわったポイント

玄関を入ると土間と暖炉

夫実家が暖炉でした。メンテナンスが必要ですが冬は家全体が暖かくなります。

寝室奥に6畳のウォークインクローゼット

見せない収納が憧れでした。片付けが苦手なので見られたくないものはとりあえずここに入れちゃいます!

天気が良い日はテラスでお昼寝

使っていなかったハンモックの出番がようやくきそうです。

正直後悔しているポイント

シュークロークが欲しかった

プランを修正していく中でどうしても場所が取れずなくなりました。

駐車場に屋根が欲しかった

単に予算オーバーです。家の外観とマッチしたものを作ろうと思うと費用が掛かります。数年の内には作りたいですね。

外構を最低限しか作れなかった

予算の関係で植栽は見送りになりました。好みの植栽を少しずつ自分で植えようと思います。

家を建てた感想

まだ未完成なので、完成してからいろいろお伝えできればと思います。

※当サイトでは、皆さまの体験談を募集しております。あなたの貴重なご経験を、これから家を建てる方々のため、役立ててみませんか?

>>問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております。

間取りで失敗したくないならプロが作る間取り図を手に入れよう!

マイホームは高額なお買い物なので、絶対に失敗なんてしたくないですよね。

特に『間取り』は住み心地を大きく左右する大切な要素ですし、理想の新居を建てて快適な暮らしを実現するためにも妥協は出来ません。

そこでおすすめな方法が、【住宅のプロ】にあなたの家族の希望を組み込んで理想的な間取りプランを作成してもらう方法です。

実は、複数のハウスメーカーや建築家のプロが間取り作成を”無料”でしてくれる、住宅情報ポータルサイト「タウンライフ家づくり」というサービスがありますので、間取りで失敗しない為にもまずは間取りプランをたくさん集めてみましょう。

我が家は工務店・設計士さんを先に決めてしまったので、ほぼ一本道で間取りを決定せざるを得ませんでした。ここに登録しておけばもっと色んな選択肢が見られたかな。。と少し後悔しています。

色んな間取りプランを比較して、誰よりもステキな間取りの家づくりをしてくださいね。

詳細ページ公式ページ