仕事とお金(節約)

【口コミ・レビュー】イワキの耐熱ガラスボウルはサイズ違いの5点セットがおすすめです!

ぱぱらくです!

料理をする時によく使うのが「ボウル」ですよね。

今までは家にもともとあったプラスチックの安いボウルと、ステンレスのやたらデカいボウルを使用していました。(たぶん奥さんがパン生地の発酵とかで使う)

しかし耐熱じゃない!耐熱容器が欲しい!ラーメン鉢でチンするのはもう嫌だ!!

という事で、イワキの耐熱ガラスボウル5点セットを購入したのでレビューしていきます。レンジ・食洗機OK!料理初心者にもおすすめです。

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

【超厳選】Amazonで買って良かった!捗るおすすめ商品まとめ!【2019年版】ぱぱらくです! 2009年から10年近くamazonを使用している僕ですが、その中で 実際に「買って良かった」ものを紹介します。 ...

イワキ耐熱ボウルの必要性について

僕が料理を始めて、ずっと使ってるアプリが「DELISH KITCHEN」なんですね。

このアプリは材料も少なめで工程も少なめ、それなのに美味しくて見た目も中々良く、

僕が作る料理は全てこのアプリを使用しています。

完全初心者から料理を始めた僕ですが

  • 冷蔵庫の残り+500円というテーマで毎回2〜3品作る事ができる
  • 毎回そこそこ美味しくできて、子供も食べる
  • インスタで常に100〜200の「いいね」がもらえている

ので、とても素晴らしいアプリだと思います。

ただ1つだけ問題があって、

「DELISH KITCHEN 耐熱ボウル使いすぎ問題」

この事実に、とても困っておりました。

事例↓

delishkitchen.tv

f:id:shiitake1986:20180515230537p:plain f:id:shiitake1986:20180515230623p:plain

はい。もうこの時点で「耐熱ボウル」らしきものが2回出てきていますね。まだ1品目です。

DELISH KITCHENは初心者でも手軽にできるレシピがたくさんあって、「フライパンいらず!」とか、「レンジで簡単!」みたいなレシピがいっぱいあります。

レンジで簡単!=耐熱容器が必要という事ですね。

僕の家の耐熱容器といえば「ラーメン鉢」とか「メイン料理の食器」ぐらいしかないので、それを使うわけです。

これも作ったんですけど

delishkitchen.tv

ソース作る時と、さつまいもに熱を通す時に耐熱ボウルらしきものを使っていますね。

僕の場合ソースはお茶碗で作って、さつまいもはラーメン鉢に入れてレンジでチンしてました。まぁできない事はないんだけど。。

そいつらを料理の盛り付けで使おうとしたら洗わないといけないじゃん!!

2〜3品作るわけですから、平気で耐熱容器3〜4つ使うわけです。

料理の最中に洗い物ってなかなかできないので、本当は盛り付けに使いたい食器がどんどん耐熱容器として使われていきます。

調味料もホントは動画みたいに、小さいボウルで混ぜたいんですけど

そんなものないので、直接フライパンorお茶碗でやってました。

という事で、耐熱ボウルの必要性はどの家庭にも十分あります。

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

 iwaki耐熱ボウル5点セットを購入

f:id:shiitake1986:20180515232354j:plain

1つじゃさすがに足りないし、かといって5つも使うかな?って思ってましたが普通に使う。むしろ5点セットがベスト。値段も1ヶずつ買うより半額近くになりました。

イワキ耐熱ボウル5点セットの基本情報

  • 250ml/径11.6×高さ5.8cm
  • 500ml/径14.4×高さ6.8cm
  • 900ml/径18×高さ8cm
  • 1.5L/径21.3×高さ9cm
  • 2.5L/径25×高さ10.2cm

本体重量

250ml/180g、500ml/270g、900ml/520g、1.5L/750g、2.5L/1000g

素材

材質:耐熱ガラス

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

イワキの耐熱ボウル おすすめポイント!

レンジ・オーブン・トースターが使える

イワキの耐熱ガラスは、

  • レンジ
  • オーブン
  • トースター
  • 蒸し器

の4つが使えます!

オーブンとトースターって、ほぼ直火じゃないの?ほんとか?と思ったけどホントに大丈夫だった。

何やら耐熱温度としては350℃ぐらいまで大丈夫らしい。オーブンは高くても250℃。オーブントースターも1200Wのすごいやつでも260℃ぐらいまでしか上がらないので大丈夫。ただし直火はNGとの事。魚焼きグリルも両面焼きだと400℃ぐらいになるからダメ。まぁ入らないけど

やっぱこれがすごいよね!すぐに耐熱容器を使うお料理アプリを使う人には持ってこいです。

食洗機・煮沸消毒もOK

結局のところ耐熱温度耐熱温度差というものが重要らしくて、

・ゆっくりあっためて350℃までなら余裕

・でも急激に120℃下がったら割れる

という事だそうです。

なので食洗機・煮沸消毒余裕でOK。

ダメなのはレンジで熱々の状態の耐熱ボウルを濡れた布巾ごしに持つとか、濡れたところに置く事。120℃以上の急激な温度差により割れちゃうらしい。

おしゃれでキレイ

佇まいがすでにおしゃれなので、料理をして、そのまま食卓に出せるんですよねー。

サラダもそうだし、そうめんもそうだし、和え物もそのまま食卓に出せる。これがもうめちゃくちゃ楽です。

そして洗いやすいしキズはつきにくいし臭いもないし!

プラスチックもステンレスのボウルも、キズめっちゃ付かないですか?キズが入ったプラスチックのボウルはなんか清潔感に欠けるし・・・ステンレスのボウルは食卓には置かないですよね。なんかハンバーグ用のミンチをこねる容器っていうイメージがどうしてもとれない。僕だけか?

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

デメリットは重さと頑丈さ

確かにプラスチックと比べると重いですが、こっちの方が安定するという奥さんの声もあります。

あとは耐熱ガラスというものは熱に強いだけで強度は普通のガラスと変わりません。落としたら普通に割れます。

分厚いので窓ガラスよりは十分頑丈ですが、見た目と重さのイメージで取り扱ってしまうと普通に割れます。

amazonのレビューでも「意外と割れる」という声多数。

あくまで「ガラス」という事を忘れず、気をつけて使いたいですね。

イワキの耐熱ボウル サイズ比較と用途

一番大きなサイズでこれくらいです。

f:id:shiitake1986:20180516004750j:plain

大きいですね!

これは3〜4人用のサラダに最適です。葉が大きな野菜も十分混ぜられて、そのまま食卓に出す事ができます。

他のママのご意見では、混ぜ込みご飯を作るときにも最適だそうです!なるほど確かに!天才!

一番小さいサイズはこんな感じ。

f:id:shiitake1986:20180516005059j:plain

可愛いですね^^

料理に使うとこんな感じです。

f:id:shiitake1986:20180516005228j:plain

一人分だとこんな感じで盛り付けにも使えますが、小さいサイズのものは調味料を用意しておくときに非常に便利ですね。

レシピの中によく「☆」ってのがあって、

☆(調味料)

醤油:大さじ2

酒:大さじ1

みりん:大さじ2

手順2:肉の色が変わったら、☆を入れる

みたいなのがいっぱいあるんです!

これ今まではお茶碗でやってましたからね。これがもう料理番組みたいにできますので、おしゃれかつテンションが上がります。

大きいのも小さいのもバッチリ使えます。5点セットがやはり一番オススメですね。

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

イワキの耐熱ボウルは本当におすすめ

ここで、改めてDELISH KITCHENの動画を見てみましょう。

delishkitchen.tv

ボウルをいくつ使用したかわかりますか?

耐熱ボウル:2つ

調味料用:9つ

の計11個です。

調味料の分はまぁなしにしても、やはり耐熱ボウルがあるとこういったレシピを作る際に必ず役に立ちますし、毎日のお料理がはかどる事間違いなしです。奥さんも愛用してます。

もっと早く買えば良かった!!迷ってる方はぜひ!!

僕はamazonで購入しましたが、割引率が変わっています

楽天も含めて最安値を探した方が良いと思います。5点セットで2700円以内で買えるはずです。

created by Rinker
iwaki
¥2,870
(2019/09/20 10:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

じゃあこれで!

おしまい

【超厳選】Amazonで買って良かった!捗るおすすめ商品まとめ!【2019年版】ぱぱらくです! 2009年から10年近くamazonを使用している僕ですが、その中で 実際に「買って良かった」ものを紹介します。 ...
あなたへのおすすめ記事